List of Workshop Papers

  1. 大崎 博之, 若宮 直紀, 村田 正幸, 宮原 秀夫, "バックプレッシャ機能を有するATM LANスイッチの性能解析," 電子情報通信学会技術研究報告 (SSE94-4), pp. 19-24, Apr. 1994.
    [PostScript] [PDF]
  2. 大崎 博之, 若宮 直紀, 村田 正幸, 宮原 秀夫, "バックプレッシャ機能を有するATM LANスイッチの性能解析 -- 平均パケット遅延時間とパケット廃棄率 --," 電子情報通信学会技術研究報告 (SSE94-43), pp. 25-30, May 1994.
    [PostScript] [PDF]
  3. B. H. Ryu, H. Ohsaki, M. Murata, and H. Miyahara, "Evaluation of design algorithm for virtual path based ATM networks," Technical Report of IEICE (SSE94-156), pp. 7-12, Nov. 1994.

  4. 大崎 博之, 村田 正幸, 鈴木 洋, 池田 千夏, 宮原 秀夫, "ERPCA を用いたレート制御方式の性能評価 -- EFCI スイッチ の定常状態解析 --," 電子情報通信学会 技術研究報告 (IN94-147), pp. 69-74, Jan. 1995.
    [PostScript] [PDF]
  5. 大崎 博之, 村田 正幸, 鈴木 洋, 池田 千夏, 宮原 秀夫, "EPRCA を用いたレート制御方式の性能評価 -- EFCI スイッチ の初期状態解析 --," 電子情報通信学会 技術研究報告 (SSE94-248), pp. 73-78, Mar. 1995.
    [PostScript] [PDF]

  6. 大崎 博之, 村田 正幸, 鈴木 洋, 池田 千夏, 宮原 秀夫, "マルチメディア ATM 網におけるレート制御方式の性能評価," 電子情報通信学会 技術研究報告 (SSE95-13), pp. 19-24, May 1995.
    [PostScript] [PDF]
  7. 大崎 博之, 村田 正幸, 宮原 秀夫, "ATM 網におけるバイナリ型スイッチを用いたレート制御方式の適 用性の検討," 電子情報通信学会 技術研究報告 (SSE96-17), pp. 31-36, May 1995.
    [PostScript] [PDF]

  8. 大崎 博之, 村田 正幸, 宮原 秀夫, "Max-Min 公平性をみたす効率的な ER スイッチアルゴリズムの 提案," 電子情報通信学会 技術研究報告 (IN96-95), pp. 51-58, Nov. 1996.
    [PostScript] [PDF]
  9. 長谷川 剛, 大崎 博之, 村田 正幸, 宮原 秀夫, "ATM 網における TCP over ABR サービスの性能評価とパラメー タ調整," 電子情報通信学会 技術報告 (SSE95-117), pp. 1-6, December 1995.

  10. 長谷川 剛, 大崎 博之, 村田 正幸, 宮原 秀夫, "上位層に TCP を適用した場合の ATM サービスクラスの性能比 較評価," 電子情報通信学会 技術報告 (SSE95-170), pp. 7-12, March 1996.

  11. 大崎 博之, 村田 正幸, 宮原 秀夫, "バーストトラヒックに対する ER スイッチアルゴリズムを用いた レート制御方式の性能評価," 電子情報通信学会 技術研究報告 (IN96-151), pp. 169-176, Feb. 1997.
    [PostScript] [PDF]

  12. 大崎 博之, 村田 正幸, 宮原 秀夫, "ATM 網におけるレート型輻輳制御方式の安定性に関する検討," 電子情報通信学会 技術研究報告 (IN97-493), pp. 63-70, Jan. 1998.
    [PostScript] [PDF]
  13. 大崎 博之, 村田 正幸, 宮原 秀夫, "ATM 網におけるレート型輻輳制御方式の安定性解析," 電子情報通信学会 技術研究報告 (SSE97-199), pp. 37-42, Mar. 1998.
    [PostScript] [PDF]

  14. 大崎 博之, 村田 正幸, 潮 俊光, 宮原 秀夫, "制御理論を用いた TCP/IP ネットワークにおけるウィンドウ型フ ロー制御方式の特性解析," 電子情報通信学会 技術研究報告 (IN98-101), pp. 91-98, Oct. 1998.
    [PostScript] [PDF] [Slide]
  15. 大崎 博之, 村田 正幸, 潮 俊光, 宮原 秀夫, "制御理論を用いた TCP Vegas にもとづくウィンドウ型フロー制 御方式の特性解析," 高品質インターネット研究会, Oct. 1998.
    [PostScript] [PDF] [Slide]
  16. 住田 義明, 大崎 博之, 村田 正幸, 宮原 秀夫, "上位層のプロトコルを考慮したネットワークトラヒックの自己相似 性に関する検討," 電子情報通信学会 技術研究報告 (IN97-158), pp. 99-106, Jan. 1998.
    [PostScript] [PDF]
  17. 住田 義明, 大崎 博之, 村田 正幸, 宮原 秀夫, "ネットワークトラヒックの自己相似性がネットワークサービスの品 質に与える影響に関する検討," 電子情報通信学会 技術研究報告 (SSE97-191), pp. 61-66, Mar. 1998.
    [PostScript] [PDF]
  18. 大崎 博之, 村田 正幸, 潮 俊光, 宮原 秀夫, "ECN を用いた TCP Vegas にもとづくウィンドウ型フロー制御 方式," 電子情報通信学会 交換システム研究会 (SSE98-223, IN98-195), pp. 69-74, Mar. 1999.
    [PostScript] [PDF] [Slide]

  19. 高垣 景一, 大崎 博之, 村田 正幸, "伝搬遅延時間の異なる複数の TCP コネクションを考慮したウィ ンドウ型フロー制御方式の安定性解析," 電子情報通信学会 技術研究報告 (CQ99-38), pp. 25-30, Oct. 1999.
    [PostScript] [PDF]

  20. 高垣 景一, 大崎 博之, 村田 正幸, "伝搬遅延時間の異なる複数のTCPコネクションを考慮したウィン ドウ型フロー制御方式の特性解析," 電子情報通信学会 技術研究報告 (IN2000-3), pp. 13-18, Apr. 2000.
    [PostScript] [PDF]
  21. 大崎 博之, 米良 祐一郎, 村田 正幸, 宮原 秀夫, "RED ゲートウェイの定常状態解析 -- 安定性および過渡特性 --," 電子情報通信学会技術研究報告 (SSE2000-137), pp. 131-136, Sept. 2000.
    [PostScript] [PDF] [Slide]
  22. 高垣 景一, 大崎 博之, 村田 正幸, "多段接続されたネットワークにおける TCP Vegas にもとづくウィ ンドウ型フロー制御方式の解析," 電子情報通信学会 技術研究報告 (SSE2000-124), Sept. 2000.
    [PostScript] [PDF]
  23. 桝田 秀夫, 大崎 博之, 小川 剛史, 近藤 弘一, 中村 匡秀, 北道 淳司, 中西 通雄, "Linux を用いた教育用計算機システムの構築," 平成12年度情報処理教育研究集会講演論文集, pp. 235-238, Dec. 2000.

  24. 小川 剛史, 中村 匡秀, 近藤 弘一, 大崎 博之, 桝田 秀夫,北道 淳司, 中西 通雄, "Linux システムにおける授業・運用支援ツールの開発," 平成12年度情報処理教育研究集会講演論文集, pp. 239-242, Dec. 2000.

  25. H. Ohsaki, M. Murata, and H. Miyahara, "An application of system identification to modeling end-to-end packet delay dynamics of the Internet," 電子情報通信学会 総合大会 (SB-6-5), pp. 705-706, Mar. 2001.
    [PostScript] [PDF]
  26. 森田 光茂, 大崎 博之, 村田 正幸, "インターネットにおけるパケット伝送遅延時間の測定お よびシステム同定によるモデル化に関する検討," 電子情報通信学会技術研究報告 (SSE2001-243), pp. 55-62, Mar. 2001.
    [PostScript] [PDF]
  27. 高垣 景一, 大崎 博之, 村田 正幸, "流体近似法および待ち行列理論を組み合わせた TCP のフィード バック型輻輳制御機構のモデル化," 電子情報通信学会 技術研究報告 (SSE2000-298, IN2000-254), pp. 451-458, Mar. 2001.
    [PostScript] [PDF]

  28. 岸本 統久, 大崎 博之, 村田 正幸, "TCP コネクション数の変動が RED ゲートウェイの過 渡特性に与える影響," 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2001-12), pp. 7-12, Apr. 2001.
    [PostScript] [PDF]
  29. 森田 光茂, 大崎 博之, 村田 正幸, "システム同定を用いたインターネットのパケット伝送遅延 時間のモデル化に関する検討," 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2001-160), pp. 41-46, Nov. 2001.
    [PostScript] [PDF]
  30. 久松 潤之, 大崎 博之, 村田 正幸, "着目する TCP コネクションとネットワークの相互作用を 考慮した TCP の定常特性および過渡特性解析に関する検 討," 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2001-149), pp. 1-6, Jan. 2002.
    [PostScript] [PDF]
  31. 岸本 統久, 大崎 博之, 村田 正幸, "制御理論を用いた RED ゲートウェイの過渡特性解析に 関する検討," 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2002-151), pp. 13-18, Jan. 2002.
    [PostScript] [PDF]
  32. 植田 和憲, 大崎 博之, 下條 真司, 宮原 秀夫, "IPv6 ネットワークにおけるフィードバック制御を用いた高品質 なリアルタイムDV転送システムの設計および実装," 電子情報通信学会技術研究報告 (IA2001-50), pp. 57-64, Feb. 2002.
    [PostScript] [PDF]
  33. 森田 光茂, 大崎 博之, 村田 正幸, "インターネットにおけるパケット伝送遅延時間のモデルを 用いたレート制御方式の設計に関する一検討," 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2001-250), pp. 193-200, Mar. 2002.
    [PostScript] [PDF]

  34. 江口 智也, 大崎 博之, 村田 正幸, "多変量解析を用いたアクティブキュー管理機構の性能評価 に関する検討," 電子情報通信学会 技術研究報告 (NS2002-25), pp. 37-40, Apr. 2002.
    [PostScript] [PDF]
  35. 岸本 統久, 大崎 博之, 村田 正幸, "ネットワークの変動に対してロバストとなるアクティブ キュー管理機構のパケット棄却方式に関する検討," 電子情報通信学会 技術研究報告 (IN2002-51), pp. 54-60, July 2002.
    [PostScript] [PDF]
  36. 江口 智也, 大崎 博之, 村田 正幸, "多変量解析を用いたアクティブキュー管理機構の制御パラ メータ設定に関する考察," 電子情報通信学会 技術研究報告 (IN2002-52), pp. 61-66, July 2002.
    [PostScript] [PDF]
  37. H. Hisamatu, H. Ohsaki, and M. Murata, "Steady state analysis of TCP connections with different propagation delays," 電子情報通信学会ソサイエティ大会, Sept. 2002.
    [PostScript] [PDF]
  38. 久松 潤之, 大崎 博之, 村田 正幸, "伝搬遅延時間の異なる 複数の TCP コネクションを考慮 した TCP の定常状態解析," 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2002-97), pp. 41-46, Oct. 2002.
    [PostScript] [PDF]
  39. 江口 智也, 大崎 博之, 村田 正幸, "複数のルータが協調動作するアクティブキュー管理機構の 設計と性能評価," 電子情報通信学会 技術研究報告 (NS2002-304), pp. 225-230, Mar. 2003.
    [PostScript] [PDF]
  40. 田島 佳武, 村山 純一, 松田 和浩, 原 義博, 大崎 博之,今瀬 真, "分散型 VPN サービスにおけるユーザ指向ポリシ管理," 電子情報通信学会 技術研究報告 (IN2002-287), pp. 285-290, Mar. 2003.


  41. 原 義博, 大崎 博之, 今瀬 真, 田島 佳武, 丸吉 政博,村 山 純一, 松田 和浩, "利用者が複数の VPN に多重帰属できる VPN アーキテ クチャの提案," 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2003-50), pp. 47-52, July 2003.
    [PostScript] [PDF]
  42. 久松 潤之, 大崎 博之, 村田 正幸, "リアルタイム系および非リアルタイム系輻輳制御の混在環 境の解析," 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2003-46), pp. 25-30, July 2003.
    [PostScript] [PDF]
  43. 原 義博, 大崎 博之, 今瀬 真, 田島 佳武, 丸吉 政博,村 山 純一, "利用者が複数の VPN に多重帰属できる階層化 VPN アー キテクチャ," 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2003-107, IN2003-73, CS2003-82), pp. 5-10, Sept. 2003.
    [PostScript] [PDF]
  44. 吉田 信平, 大崎 博之, 今瀬 真, "並列シミュレーションの高速化のためのリンク間トラヒッ ク量にもとづくネットワークモデル分割法に関する検討," 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2003-120, IN2003-86, CS2003-95), pp. 75-80, Sept. 2003.
    [PostScript] [PDF]
  45. 氏家 純也, 大崎 博之, 今瀬 真, "複数のフィードバックループをモデル化した TCP の特性 解析," 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2003-90), pp. 1-6, Oct. 2003.
    [PostScript] [PDF]

  46. 本田 治, 大崎 博之, 今瀬 真, 村山 純一, 松田 和浩, "AIMD 型のウィンドウフロー制御を利用した IP-VPN 公平性制御機構," 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2004-8), pp. 43-48, May 2004.
    [PostScript] [PDF]
  47. 本田 治, 大崎 博之, 今瀬 真, 村山 純一, 松田 和浩, "AIMD 型のウィンドウフロー制御を利用した IP-VPN 公平性制 御機構," 第 15 回インターネット技術第 163 委員会研究会 (ITRC meet15), May 2004.

  48. 松田和浩, 大崎博之, "大規模 VPN を実現するための P2P-VPN 技術の提案," 電子情報通信学会 総合大会 (B-6-199), Mar. 2004.
    [PDF]
  49. 大崎 博之, 渡部 創史, 今瀬 真, "広域グリッドコンピューティングのための制御理論にもとづく動的 資源管理方式," 電子情報通信学会 技術研究報告 (IN2004-25), pp. 31-36, June 2004.
    [PostScript] [PDF] [Slide]
  50. 伊藤 建志, 大崎 博之, 今瀬 真, "広域グリッドコンピューティングにおけるデータ転送プロ トコル GridFTP のパラメータ設定方法に関する検討," 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2004-39), pp. 19-24, July 2004.
    [PostScript] [PDF]
  51. 本田 泰之, 本田 治, 大崎 博之, 今瀬 真, 石塚 美加,村 山 純一, "IP-VPN 公平性制御機構 I2VFC の性能評価," 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2004-122), pp. 85-90, Nov. 2004.
    [PostScript] [PDF]
  52. 本田 治, 大崎 博之, 今瀬 真, 石塚 美加, 村山 純一, "TCP over TCP の性能評価 -TCP トンネルがエンド- エンドのスループットおよび遅延に与える影響-," 電子情報通信学会 技術研究報告 (IN2004-121), pp. 79-84, Nov. 2004.
    [PostScript] [PDF]
  53. O. Honda, H. Ohsaki, M. Imase, M. Ishizuka, and J. Murayama, "Understanding TCP over TCP: Effects of TCP tunneling on end-to-end TCP performance," 第 16 回インターネット技術第 163 委員会研究会 (ITRC meet16), Nov. 2004.

  54. 山本 英之, 大崎 博之, 今瀬 真, "流体近似法を用いたアクティブキュー管理機構 DRED の モデル化 および性能評価," 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2004-183), pp. 55-60, Feb. 2005.
    [PostScript] [PDF]
  55. 本田 治, 原 義弘, 大崎 博之, 今瀬 真, 丸吉 政博, 松 田 和浩, "利用者の多重帰属を実現する VPN のプロトタイプ実装," 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2004-181), pp. 43-48, Feb. 2005.
    [PostScript] [PDF]
  56. 伊藤 建志, 大崎 博之, 今瀬 真, "データ転送プロトコル GridFTP の自動パラメータ設定機 構の提案," 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2004-182), pp. 49-54, Feb. 2005.
    [PostScript] [PDF]
  57. 本田 泰之, 本田 治, 大崎 博之, 今瀬 真, 石塚 美加,村 山 純一, "IP-VPN 公平性制御機構 I2VFC の動的制御パラメータ 設定機構," 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2004-270, IN2004-270), pp. 135-140, Mar. 2005.
    [PostScript] [PDF]

  58. 八木 幸太郎, 本田 治, 大崎 博之, 松田 和浩, 今瀬 真, "サイバーソサイエティを実現するリング型 P2P-VPN 技 術," 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2005-12), pp. 61-66, May 2005.
    [PostScript] [PDF]
  59. 杉山 浩平, 本田 治, 大崎 博之, 今瀬 真, "ネットワーク分析手法を用いた企業間の取引関係ネットワー ク分析," 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2005-28), pp. 83-88, June 2005.
    [PostScript] [PDF]
  60. 吉村 安彦, 大崎 博之, 今瀬 真, "グリッドコンピューティングにおけるデータ転送プロトコ ル GridFTP の性能評価," 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2005-32), pp. 19-24, July 2005.
    [PostScript] [PDF]
  61. 久松 潤之, 大崎 博之, 村田 正幸, "流体近似法を用いた DCCP および RED のモデル化およ び性能評価," 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2005-75), pp. 85-90, Sept. 2005.
    [PostScript] [PDF]
  62. 大崎 博之, "広域グリッドコンピューティングにおけるデータ転送プロトコル GridFTP のパラメータ設定方法," 第 18 回インターネット技術第 163 委員会研究会, Oct. 2005.

  63. 伊藤 建志, 大崎 博之, 今瀬 真, "GridFTP-APT: データ転送プロトコル GridFTP の並列 TCP コネクション数調整機構," 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2005-113), pp. 19-24, Dec. 2005.
    [PostScript] [PDF]
  64. 山本 英之, 大崎 博之, 今瀬 真, "広域ネットワーク向けアクティブキュー管理機構 SPRED の提案," 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2005-122), pp. 73-78, Dec. 2005.
    [PostScript] [PDF]
  65. 八木 幸太郎, 大崎 博之, 今瀬 真, "ネットワークのスケールフリー構造がエンド-エンド性能 に与える影響に関する一考察," 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2005-145), pp. 13-18, Feb. 2006.
    [PostScript] [PDF]
  66. 作元 雄輔, 大崎 博之, 今瀬 真, "伝搬遅延の異なる複数のフローを考慮した XCP の安定性 解析," 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (B-7-68), p. 164, Mar. 2006.
    [PostScript] [PDF]
  67. 奥村 治, 大崎 博之, 今瀬 眞, "インターネットにおけるルータ間の輻輳伝播に関する一考 察," 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (B-7-31), p. 127, Mar. 2006.
    [PostScript] [PDF]
  68. 小川 優, 大崎 博之, 今瀬 真, "グリッド環境における大規模ネットワークシミュレーショ ンの ためのネットワークモデル分割手法," 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (B-7-146), p. 242, Mar. 2006.
    [PostScript] [PDF]
  69. 伊藤 建志, 大崎 博之, 今瀬 真, "データ転送プロトコル GridFTP のための並列 TCP コ ネクション数調整機構の性能評価," 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2005-193), pp. 219-224, Mar. 2006.
    [PostScript] [PDF]
  70. ゴメス オスカー, 大崎 博之, 今瀬 真, "並列ネットワークシミュレーション高速化のための準動的 ネットワークモデル分割手法," 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2006-223), pp. 395-400, Mar. 2006.
    [PostScript] [PDF]

  71. 伊藤 健志, 大崎 博之, 今瀬 真, "データ転送プロトコル GridFTP の並列 TCP コネクション数調 整機構," 第 19 回インターネット技術第 163 委員会研究会 (ITRC meet19), May 2006.

  72. 吉村 安彦, 伊藤 健志, 大崎博之, 今瀬真, "グリッドコンピューティングにおけるデータ転送プロトコル GridFTP の性能評価," 第 19 回インターネット技術第 163 委員会研究会 (ITRC meet19), May 2006.

  73. 杉山 浩平, 大崎 博之, 今瀬 真, "論文の引用・共著関係から何が分かるか? -- ネットワー ク分析手法からのアプローチ --," 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2006-15), pp. 85-90, May 2006.
    [PostScript] [PDF]
  74. 作元 雄輔, 大崎 博之, 今瀬 真, "広帯域ネットワーク向けトランスポート層通信プロトコル XCP の安定性解析," 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2006-29), pp. 73-78, June 2006.
    [PostScript] [PDF]
  75. 杉山 浩平, 奥村 治, 大崎 博之, 今瀬 真, "インターネットにおけるルータ間の輻輳伝播現象," 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2006-71), pp. 127-132, Sept. 2006.
    [PostScript] [PDF]
  76. 八木 幸太郎, 大崎 博之, 今瀬 眞, "ネットワークのスケールフリー構造が TCP 性能 に与え る影響," 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2006-84), pp. 43-48, Oct. 2006.
    [PostScript] [PDF]
  77. 作元 雄輔, 大崎 博之, 今瀬 真, "トランスポート層通信プロトコル XCP のロバスト性向上 手法の提案," 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2006-91), pp. 13-18, Nov. 2006.
    [PostScript] [PDF]
  78. 杉山 浩平, 大崎 博之, 今瀬 真, "複雑ネットワークのトポロジ構造を用いた ノード特性の再帰的推定手法," 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2006-175), pp. 77-82, Feb. 2007.
    [PostScript] [PDF]
  79. 八木 毅, 波戸 邦夫, 田邉 正雄, 村山 純一, 外山 勝保,大崎 博 之, 今瀬 真, "SNS セキュリティ強化のための個人情報を用いたコミュニ ケー ション制御方式," 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2006-155), pp. 103-108, Jan. 2007.

  80. 浅井 亮太, 作元 雄輔, 大崎 博之, 今瀬 真, "大規模ネットワーク性能評価のためのフローレベルシミュ レー タの設計と実装," 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2006-230), pp. 297-302, Mar. 2007.
    [PostScript] [PDF]
  81. 井上 史斗, 伊藤 建志, 大崎 博之, 今瀬 真, "広域・広帯域ネットワークのための GridFTP 自動パラメー タ 設定機構の実装と評価," 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2006-210), pp. 179-184, Mar. 2007.
    [PostScript] [PDF]
  82. 八木 毅, 波戸 邦夫, 田邉 正雄, 村山 純一, 外山 勝保,大崎 博 之, 今瀬 真, "コミュニティ通信を支援するセキュアネットワーキングプラット フォーム (SPX) のアーキテクチャ設計," 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2006-173), pp. 65-70, Mar. 2007.

  83. 浅井 亮太, 作元 雄輔, 大崎 博之, 今瀬 真, "大規模ネットワーク分析のためのフローレベルシミュレー タの設計と実装," 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (B-7-18), Mar. 2007.
    [PostScript] [PDF]
  84. 波戸 邦夫, 八木 毅, 田邉 正雄, 村山 純一, 外山 勝保,大崎 博 之, 今瀬 真, "コミュニティベースの分散サーバ型情報共有プラットフォームの提 案," 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (B-7-150), Mar. 2007.

  85. 井上 史斗, 大崎 博之, 今瀬 真, "GridFTP のための並列コネクション数調整機構の実装と 評価," 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (B-7-191), pp. 281-281, Mar. 2007.
    [PostScript] [PDF]
  86. 高橋 洋介, 杉山 浩平, 大崎 博之, 今瀬 真, 八木 毅,波 戸邦夫, 村山純一, "コミュニティ通信における多重帰属を実現する Web コン セントレータの提案," 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (B-7-152), p. 242, Mar. 2007.
    [PostScript] [PDF]

  87. 高橋 洋介, 杉山 浩平, 大崎 博之, 今瀬 真, 八木 毅,波 戸邦夫, 村山純一, "グループ指向通信を実現するネットワークアーキテクチャ の一考察," 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2007-2), pp. 7-12, May 2007.
    [PostScript] [PDF]
  88. 井上 史斗, 伊藤 建志, 大崎 博之, 今瀬 真, "広域・広帯域ネットワークのための GridFTP 自動パラメータ設 定機構の設計と実装," 第 21 回インターネット技術第 163 委員会研究会 (ITRC meet21), May 2007.

  89. 八木 毅, 村山 純一, 外山 勝保, 高橋 洋介, 大崎 博之,今瀬 真, "コミュニティ通信を支援するセキュアネットワーキングプラット フォーム (SPX) のフィージビリティ検証," 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2007-36), pp. 55-60, July 2007.

  90. 高橋 洋介, 杉山 浩平, 大崎 博之, 今瀬 真, 八木 毅, 村山純一, "グループ指向通信のためのネットワークアーキテクチャ," 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2007-35), pp. 49-54, July 2007.
    [PostScript] [PDF]
  91. 八木 毅, 近藤 努, 桑原 健, 村山 純一, 高橋 洋介, 杉山 浩平, 大崎 博之, 今瀬 真, "ユーザ端末上のアプリケーションによる複数コミュニティへの多重 帰属方式," 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 (BS-6-3), Sept. 2007.

  92. 近藤 努, 八木 毅, 桑原 健, 村山 純一, 高橋 洋介, 杉山 浩平, 大崎 博之, 今瀬 真, "閉域コミュニティへの多重帰属モデルにおけるコミュニティ間メー ル転送検出方式," 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 (B-7-21), Sept. 2007.

  93. 桑原 健, 八木 毅, 近藤 努, 村山 純一, 大崎 博之, 今瀬 真, "セキュアネットワーキングプラットフォームにおける階層型コミュ ニティ管理アーキテクチャの提案," 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 (BS-6-3), Sept. 2007.

  94. 高橋 洋介, 杉山 浩平, 大崎 博之, 今瀬 真, 八木 毅,村 山 純一, "アプリケーションレベルでの多重帰属を実現するアプ リケー ション・コンセントレータの提案," 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 (BS-6-5), p. 64, Sept. 2007.
    [PostScript] [PDF]
  95. 杉山 浩平, 大崎 博之, 今瀬 真, 八木 毅, 村山 純一, "複雑ネットワークのトポロジ構造を利用したネットワーク マイニングフレームワークとその応用," 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2007-90), pp. 7-12, Nov. 2007.
    [PostScript] [PDF]
  96. 作元 雄輔, 浅井 亮太, 大崎 博之, 今瀬 真, "Fsim: 大規模ネットワーク性能評価のためのフローレベルシミュレー タ," 第 22 回インターネット技術第 163 委員会研究会 (ITRC meet22), Nov. 2007.

  97. 高橋 洋介, 杉山 浩平, 大崎 博之, 今瀬 真, 八木 毅,村 山 純一, "アプリケーションレベルでの多重帰属を実現するアプ リケー ション・コンセントレータ," 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2007-91), pp. 13-18, Nov. 2007.
    [PostScript] [PDF]
  98. 井上 史斗, 大崎 博之, 野本 義弘, 今瀬 真, "iSCSI 複数コネクションの多重度制御によるスループッ ト最大化手法," 電子情報通信学会 第 19 回データ工学ワークショップ (DEWS 2008), pp. d4-4, Mar. 2008.
    [PostScript] [PDF]
  99. 杉山 浩平, 大崎 博之, 今瀬 真, 八木 毅, 村山 純一, "複雑ネットワークのトポロジ構造を利用したネットワーク マイニングフレームワーク," 第 4 回ネットワーク生態学シンポジウム, pp. 84-85, Mar. 2008.

  100. 小笠 智康, 高橋 洋介, 杉山 浩平, 大崎 博之, 今瀬 真,八 木 毅, 村山 純一, "コミュニティ特性を利用したオーバレイネットワーク動的 再構成手法," 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (B-7-79), p. 156, Mar. 2008.
    [PostScript] [PDF]
  101. 西岡 孟朗, 作元 雄輔, 大崎 博之, 今瀬 真, "異種の TCP フローが混在するネットワークに対応したフ ローレベルシミュレータ," 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (B-7-138), p. 215, Mar. 2008.
    [PostScript] [PDF]

  102. 井上 史斗, 大崎 博之, 野本 義弘, 今瀬 真, "iSCSI 複数コネクション多重度制御機構の設計と実装," 第 23 回インターネット技術第 163 委員会研究会 (ITRC meet23), May 2008.

  103. 野本 義弘, 大崎 博之, 井上 史斗, 今瀬 真, "TCP コネクション多重度制御が iSCSI スループッ トに与える 影響," 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2008-9), pp. 1-6, June 2008.
    [PDF]
  104. 小笠 智康, 高橋 洋介, 杉山 浩平, 大崎 博之, 今瀬 真,八 木 毅, 村山 純一, "利用者のコミュニティ情報を利用したオーバレイネットワー クのための動的トポロジ再構成手法," 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2008-24), pp. 85-90, June 2008.
    [PostScript] [PDF]
  105. 西岡 孟朗, 作元 雄輔, 大崎 博之, 今瀬 真, "異種のフローが混在するネットワークに対応したフローレ ベルシミュレータの設計と実装," 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2008-37), pp. 65-70, July 2008.
    [PostScript] [PDF]
  106. 津川 翔, 杉山 浩平, 大崎 博之, 今瀬 真, "ソーシャルネットワークのトポロジ構造を用いた開発型オンライン コミュニティの成功度推定手法," 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2008-61), pp. 105-110, Sept. 2008.
    [PostScript] [PDF]
  107. 大崎 博之, "シェリングモデルを用いた P2P オーバレイネット ワークのため のトポロジ構成法の検討," 第 24 回インターネット技術第 163 委員会研究会, Nov. 2008.

  108. 近藤 努, 八木 毅, 桑原 健, 村山 純一, 大崎 博之, 今瀬 真, "アドホック企業間 VPN における集約型ユーザ収容方式," 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 (B-7-32), Sept. 2008.

  109. 八木 毅, 近藤 努, 桑原 健, 村山 純一, 大崎 博之, 今瀬 真, "アドホック企業間 VPN における階層型 HTTP データ転送方式," 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 (B-7-33), Sept. 2008.

  110. 桑原 健, 近藤 努, 八木 毅, 村山 純一, 大崎 博之, 今瀬 真, "セキュリティポリシを考慮したアドホック企業間 VPN構成モデル の提案," 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 (B-7-34), Sept. 2008.

  111. 田内 淳也, 大崎 博之, 今瀬 真, "ノードの多様性を考慮した P2P オーバレイネットワーク のためのトポロジ構成法," 電子情報通信学会 技術研究報告 (IN2008-119), pp. 63-68, Jan. 2009.
    [PostScript] [PDF]
  112. 西島 孝通, 井上 史斗, 大崎 博之, 今瀬 真, "広域・広帯域ネットワークにおける IP-SAN プロトコル のためのスループット最大化機構," 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (B-7-99), p. 243, Mar. 2009.
    [PostScript] [PDF]
  113. 塚本 圭一郎, 津川 翔, 大崎 博之, 今瀬 真, 桑原 健,村 山 純一, "Web ページのブロック間類似度を用いたハイパーリンク の参照箇所推定手法," 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (D-13-4), p. 245, Mar. 2009.

  114. 重森 圭太, 田内 淳也, 大崎 博之, 今瀬 真, "シェリングモデルに基づくエージェントの移動が相互行為 の効率性に与える影響," 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (D-8-18), p. 111, Mar. 2009.

  115. 野本 義弘, 大崎 博之, 井上 史斗, 今瀬 真, "レイヤ 1 帯域予約モデル上での TCP 多重度数制御手法の特性解 析," 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2008-192), pp. 357-362, Mar. 2009.


  116. 栗林 晋平, 作元 雄輔, 長谷川 聡, 大崎 博之, 今瀬 真, "VANETのための遅延耐性を有するブロードキャスト通信方 式の特性分析," 電子情報通信学会 技術研究報告 (IN2009-5), pp. 19-24, May 2009.

  117. ジャッカパン キッタナナン, 井上 史斗, 大崎 博之, 野本 義弘, 今瀬 真, "レイヤ 1 帯域オンデマンドサービスを用いた SINET3上での iSCSI 多重度制御機構の性能評価," 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2009-43), pp. 23-28, Sept. 2009.

  118. 津川 翔, 大崎 博之, 今瀬 真, "ソーシャルネットワーク分析による開発型オンラインコミュニティ の成功度推定手法," 第 26 回インターネット技術第 163 委員会研究会 (ITRC meet 26), Nov. 2009.


  119. 栗林 晋平, 作元 雄輔, 長谷川 聡, 大崎 博之, 今瀬 真, "車両アドホックネットワークのための指向性アンテナを用いたブロー ドキャスト通信方式の特性分析," 第 27 回インターネット技術第 163 委員会研究会 (ITRC meet 27), May 2010.

  120. H. Suzuki, H. Ohsaki, and H. Sawai, "Algorithmically Transitive Network: a new computing model that combines artificial chemistry and information-communication engineering," in Proceedings of the 24th Annual Conference of Japanese Society for Artificial Intelligence (JSAI), pp. 2H1-OS4-5, June 2010.

  121. 作元 雄輔, 大崎 博之, 今瀬 真, "流体近似法を用いたスケールフリーネットワークにおける TCP フローの解析," 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2010-36), pp. 79-84, July 2010.

  122. 津川 翔, 大崎 博之, 今瀬 真, "ソーシャルネットワークのトポロジ構造を用いた開発型オンライン コミュニティのリーダシップ推定手法," 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2010-100), pp. 19-24, Dec. 2010.

  123. 塚本 圭一郎, 小泉 佑揮, 大崎 博之, 波戸 邦夫, 村山純 一, 今瀬 真, "Web ページのブロック間類似度を用いたハイパーリンク の参照箇所推定," 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2010-118), pp. 1-6, Jan. 2011.

  124. 津川 翔, 大崎 博之, 今瀬 真, "ソーシャルネットワークのトポロジ構造を用いた開発型オンライン コミュニティのリーダシップ推定手法の提案," 第 7 回ネットワーク生態学シンポジウム, pp. 203-204, Mar. 2011.

  125. 松本 幸大, 津川 翔, 大崎 博之, 今瀬 真, "ソーシャルネットワークにおけるリンク重みの有無がノー ドの中心性指標に与える影響に関する一考察," 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (B-7-58), p. 222, Mar. 2011.

  126. 大谷雅人, 塚本圭一郎, 小泉佑揮, 大崎博之, 波戸邦夫, 村山純一, 今瀬 真, "コンテンツセントリックネットワークにおいてグループ単 位の閉域性を実現するルータ仮想化手法の一提案," 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (B-7-82), p. 246, Mar. 2011.

  127. 市原 裕史, 小泉 佑揮, 大崎 博之, 波戸 邦夫, 村山 純 一, 今瀬 真, "クラウド環境におけるライブマイグレーションとトラヒッ クエンジニアリングの統合制御に関する一考察," 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (B-7-77), p. 241, Mar. 2011.

  128. 関 元洋, 小泉 佑揮, 大崎 博之, 波戸 邦夫, 村山 純一,今 瀬 真, "クラウド環境におけるライブマイグレーションとトラヒッ クエンジニアリングの相互作用に関する一考察," 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (B-7-78), p. 242, Mar. 2011.


  129. 津川 翔, 大崎 博之, 今瀬 真, "ソーシャルネットワークを用いた電子メールの重要度推定に関する 一検討," 第 29 回インターネット技術第 163 委員会研究会, May 2011.

  130. 大谷雅人, 塚本 圭一郎, 小泉 佑揮, 大崎 博之, 波戸 邦 夫, 村山純一, 今瀬 真, "コンテンツセントリックネットワークにおいてグループ単 位の閉域性を実現するルータ仮想化手法," 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2011-59), pp. 81-86, July 2011.

  131. D. Perrin and H. Ohsaki, "Decentralised communication in autonomous agent swarms," Technical Report of IEICE (CQ2011-30), pp. 67-70, July 2011.

  132. D. Perrin and H. Ohsaki, "Impact of randomness on information diffusion in mobile ad-hoc networks," Technical Report of IEICE (RCS2011-97), pp. 135-140, July 2011.

  133. 森下 翔太, 西島 孝通, 大崎 博之, 横井 伸浩, 仲川 和 志, 小日向 宣昭, 今瀬 真, "ソフトウェアエミュレーションによる TCP/IP プロトコ ル各処理のオフローディング効果計測手法," 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2011-79), pp. 1-6, Oct. 2011.

  134. 下村 直也, 作元 雄輔, 大崎 博之, 今瀬 真, "流体近似モデルの低域通過フィルタリングによるフローレ ベルシミュレーション高速化手法の提案," 電子情報通信学会技術研究報告 (CQ2011-54), pp. 61-66, Oct. 2011.

  135. 山田 陽介, 大崎 博之, ディミトリ・ペリン, 今瀬 真, "ノードモビリティの制約がエピデミックブロードキャスト の性能に与える影響," 電子情報通信学会技術研究報告 (CQ2011-53), pp. 55-60, Oct. 2011.

  136. 津川 翔, 重森 圭太, 大崎 博之, 今瀬 真, "シェリングモデルに基づく軽量な分散クラスタリング手法の提案," 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2011-103), pp. 61-66, Nov. 2011.

  137. 山田 陽介, 大崎 博之, ディミトリ・ペリン, 今瀬 真, "ノードモビリティの制約がエピデミックブロードキャスト の性能に与える影響," 第 30 回インターネット技術第163委員会研究会 (ITRC meet 30), Nov. 2011.

  138. 津川 翔, 重森 圭太, 大崎 博之, 今瀬 真, "A study on lightweight distributed method for connectivity-based clustering," 第 9 回 QoS ワークショップ予稿集 (QW-9-P-10), Nov. 2011.

  139. 松本 幸大, 津川 翔, 大崎 博之, 今瀬 真, "ソーシャルネットワークにおけるリンク重みの量子化がノー ドの中心性指標に与える影響," 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2011-120), pp. 23-28, Jan. 2012.

  140. 市原 裕史, 小泉 佑揮, 大崎 博之, 波戸 邦夫, 村山 純 一, 今瀬 真, "クラウド環境におけるライブマイグレーションとトラヒッ クエンジニアリングの統合制御の評価," 電子情報通信学会 フォトニックネットワーク研究会学生ワー クショップ, pp. 37-39, Feb. 2012.

  141. 原田 稔, 小泉 佑揮, 渡部 康平, 大崎 博之, 今瀬 真, "マイクロロボットによる被災地の要救護者探索においてマイクロロ ボットの性能や機能が目標発見に与える影響の評価," 電子情報通信学会 技術報告 (CNR2012-22), vol. 112, pp. 21-26, Feb. 2012.

  142. 津川 翔, 大崎 博之, 伊藤 雄一, 小野 直亮, 香川 景一郎, 高嶋 和毅, 今瀬 真, "アンビエント環境における異種センサを用いた動的ソーシャルネッ トワーク分析," 通信行動工学時限研専 第二回研究会予稿集, pp. 17-22, Mar. 2012.

  143. 市原 裕史, 小泉 佑揮, 大崎 博之, 波戸 邦夫, 村山 純 一, 今瀬 真, "クラウド環境におけるライブマイグレーションとトラヒッ クエンジニアリングの統合制御の有効性評価," 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2011-172), pp. 211-216, Mar. 2012.

  144. 関 元洋, 小泉 佑揮, 大崎 博之, 波戸 邦夫, 村山 純一,今 瀬 真, "クラウドのライブマイグレーションによるネットワークの 不安定化を抑制するトラヒックエンジニアリング手法の提 案と評価," 電子情報通信学会技術研究報告書 (IN2011-173), pp. 217-222, Mar. 2012.

  145. 石山 亮一, 塚本 圭一郎, 小泉 佑揮, 大崎 博之, 波戸邦 夫, 村山 純一, 今瀬 真, "コンテンツセントリックネットワークにおける拡散型コン テンツキャッシュ方式の提案," 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (B-7-14), p. 175, Mar. 2012.


  146. 津川 翔, 大崎 博之, 今瀬 真, "シェリングモデルに着想を得た軽量な分散クラスタリング手法," 第 31 回インターネット技術第 163 委員会研究会, May 2012.

  147. 西島 孝通, 中井 悠人, 横井伸浩, 仲川和志, カオ レタ ンマン, 中本 与一, 高谷 幸宏, 大崎 博之, 今瀬 真, "ネットワーク環境がリモートデスクトッププロトコルの性 能に与える影響," 電子情報通信学会技術研究報告 (CQ2012-21), pp. 23-28, July 2012.

  148. 石野 正典, 津川 翔, 大崎 博之, "現実のソーシャルネットワークにおいてリンク重みの量子 化がノードの中心性指標に与える影響の分析," 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 (B-11-8), p. 282, Sept. 2012.

  149. 浦田祐毅, 西島孝道, 横井伸浩, 中本与一, 大崎博之, "計算機の仮想化がネットワークエミュレータの遅延精度に 与える影響に関する一考察," 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 (B-11-9), p. 283, Sept. 2012.

  150. 大杉 海斗, 塚本 圭一郎, 大崎 博之, "CCN ルータの仮想化がコンテンツ配送遅延に与える影響 についての一考察," 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 (B-7-4), p. 83, Sept. 2012.

  151. 松田 浩輔, 渡部 康平, 大崎 博之, "ノードの接触時間分布を利用したエピデミックブロードキャ スト方式の提案," 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 (B-7-16), p. 95, Sept. 2012.

  152. 松田 浩輔, 渡部 康平, 大崎 博之, "ノードの接触時間分布を利用したエピデミックブロードキャ スト方式," 電子情報通信学会 技術研究報告 (CQ12-54), pp. 71-76, Sept. 2012.

  153. 津川 翔, 大崎 博之, 今瀬 真, "対面での交流関係を表現したソーシャルネットワークにおけるリン ク予測手法の評価," 通信行動工学時限研専 第三回研究会予稿集, pp. 20-28, Oct. 2012.

  154. 石野 正典, 津川 翔, 大崎 博之, "現実のソーシャルネットワークにおけるリンク重みの量子 化がノードの中心性指標に与える影響," 通信行動工学時限研専 第三回研究会予稿集, pp. 10-19, Oct. 2012.

  155. 間中 雄士, 小泉 佑揮, 大崎 博之, "クラウド環境におけるライブマイグレーションとトラヒッ クエンジニアリング統合の適用領域に関する評価," 電子情報通信学会技術研究報告 (IA2012-61), pp. 13-18, Nov. 2012.

  156. 林 裕平, 西島 孝通, 大崎 博之, "OpenFlow における遅延付与によるトラヒック平滑化方式," 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (B-11-9), Mar. 2013.

  157. 茂木 佑希子, 津川 翔, 菊地 佑介, 岸野 文郎, 藤田 和之, 伊藤 雄一, 大崎 博之, "Twitter 解析によるうつ傾向推定に関する一検討," 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (A-14-6), Mar. 2013.

  158. 津川 翔, 茂木 佑希子, 菊地 佑介, 岸野 文郎, 藤田 和之, 伊藤 雄一, 大崎 博之, "大規模ツイートデータを利用したうつ傾向の推定に関する検討," 電子情報通信学会技術研究報告 (HCS2012-89), pp. 61-66, Mar. 2013.


  159. 林田 龍一, 渡部 康平, 大崎 博之, "遺伝的プログラミングを用いたネットワークサービス処理 時間のモデル化," 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2013-21), pp. 55-60, May 2013.

  160. 津川 翔, 茂木 佑希子, 菊地 佑介, 岸野 文郎, 藤田 和之, 伊藤 雄一, 大崎 博之, "Twitter におけるユーザの活動履歴を利用したうつ傾向の推定に関 する一検討," 第 33 回インターネット技術第 163 委員会研究会, May 2013.

  161. 大崎 博之, "大規模ネットワークの設計・モデル化・制御 (基調講演)," 電子情報通信学会 第 2 回 NetSci/CCS 研究会 合同ワークショッ プ, Aug. 2013.

  162. 津川 翔, 大崎 博之, "リンク重みの誤差に対する中心性指標のロバスト性解析," 第 2 回 NetSci/CCS 研究会 合同ワークショップ, Aug. 2013.

  163. 渡部 康平, 大崎 博之, "ノードの移動の局所性がエピデミックブロードキャストに 与える影響," 電子情報通信学会 第 2 回 NetSci/CCS 研究会 合同ワーク ショップ, Aug. 2013.

  164. 菊地 佑介, 津川 翔, 岸野 文郎, 中島 康祐, 伊藤 雄一,大崎 博 之, "ココロスコア: Twitter 解析によるココロの状態推測," 電子情報通信学会 通信行動工学時限研専 第5回研究会予稿集, pp. 17-24, Nov. 2013.

  165. 堤 康平, 鈴木 秀明, 大崎 博之, "大規模ネットワークのための逆方向伝播を利用した分散型フロー制 御方式の提案," 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集(B-7-6), p. 103, Sept. 2013.

  166. 浅野 祐輔, 中本 与一, 横井 伸浩, 大崎 博之, "スマートグリッド通信インフラとしての IP およびCCN の特性 比較に関する一検討," 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集(B-6-11), p. 11, Sept. 2013.

  167. 橋本 佑太, 大崎 博之, "エピデミックブロードキャストにおける情報拡散特性の推定手法に 関する一検討," 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集(B-6-70), p. 70, Sept. 2013.

  168. 揚村 昭太, 大崎 博之, "マイクロロボット群による三次元フィールド探索性能に関する一検 討," 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集(A-12-4), p. 118, Sept. 2013.

  169. 石垣 友大, 大崎 博之, "CCN の可用性および効率性に関する一検討," 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集(B-6-10), p. 10, Sept. 2013.

  170. 津川 翔, 大崎 博之, "ソーシャルネットワークにおけるコミュニティ内交流局所性の分析," 電子情報通信学会技術研究報告 (CQ2013-62), pp. 61-66, Nov. 2013.

  171. 塚本 圭一郎, 大杉 海斗, 大崎 博之, 長谷川 亨, 村田 正幸, "仮想コンテンツセントリックネットワークにおける CCN ルータのキャッシュ性能解析," 電子情報通信学会技術研究報告 (CQ2013-60), pp. 49-54, Nov. 2013.

  172. 味田 明久, 大崎 博之, "エピデミックブロードキャストにおけるカットスルーリン クの効果に関する一考察," 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (DS-2-5), pp. S-29-S-30, Mar. 2014.

  173. 渡部 康平, 大崎 博之, "遅延耐性ネットワークにおけるエピデミックブロードキャ ストの時間的・空間的メッセージ拡散特性の解析," 電子情報通信学会総合大会 (DS-2-4), Mar. 2013.

  174. 菊地 佑介, 津川 翔, 岸野 文郎, 中島 康祐, 伊藤 雄一, 大崎 博之, "Twitter におけるユーザの単語使用頻度を用いたうつ傾向の推定," 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (A-14-2), Mar. 2014.

  175. 石野 正典, 津川 翔, 大崎 博之, 長谷川 亨, "グラフエントロピーによる中心性指標のロバスト性推定 --ノードの中心性指標のノイズに対する順位不変性の推 定--," 電子情報通信学会技術研究報告 (CQ2013-101), pp. 71-76, Mar. 2014.


  176. 橋本 佑太, 大崎 博之, "エピデミックブロードキャストにおける情報拡散特性の推定手法に 関する一検討," 電子情報通信学会 技術研究報告 (CQ2014-17), pp. 13-18, July 2014.

  177. 津川 翔, 大崎 博之, "グラフにおけるランダム誤りに対する次数中心性のロバスト性解析," 電子情報通信学会技術研究報告 (CQ2014-18), pp. 19-24, July 2014.

  178. 揚村 昭太, 大崎 博之, "マイクロロボット群による三次元フィールド探索性能の解析," 電子情報通信学会技術研究報告 (CQ2014-43), pp. 25-30, Sept. 2014.

  179. 中村 遼, 大崎 博之, "CCN オープンソース実装のスケーラビリティに関する一検討," 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集(B-16-6), p. 356, Sept. 2014.

  180. 野呂 良瑛, 大崎 博之, "任意のネットワークトポロジにおける CCN のコンテンツ 配送遅延に関する一検討," 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 (B-16-7), p. 357, Sept. 2014.

  181. 三原 正大, 津川 翔, 大崎 博之, "未知のグラフに対する影響最大化アルゴリズムの提案," 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集(B-11-37), p. 268, Sept. 2014.

  182. 森 久幸, 津川 翔, 大崎 博之, "ソーシャルメディアにおける投稿のセンチメントがその拡散範囲に 与える影響の分析," 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集(B-11-38), p. 269, Sept. 2014.

  183. 萩原 涼, 橋本 佑太, 大崎 博之, 小倉 一峰, 山崎 康広, "フローティングコンテンツ情報配信制御の安定性解析," 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集(B-11-36), p. 267, Sept. 2014.

  184. 松谷 健祐, 橋本 佑太, 小倉 一峰, 山崎 康広, 大崎 博之, "カットスルーリンクがエピデミックブロードキャストの迅速性に与 える影響に関する一考察," 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集(B-11-35), p. 266, Sept. 2014.

  185. 三原 正大, 津川 翔, 大崎 博之, "未知のグラフに対する影響最大化アルゴリズムの提案と評価," 電子情報通信学会 通信行動工学研究会 第7回研究会予稿集, pp. 23-28, Oct. 2014.

  186. 津川 翔, 大崎 博之, "ネットワーク分析における中心性指標のロバスト性に関する一考察," 第 57 回自動制御連合講演会予稿集, pp. 1072-1077, Nov. 2014.

  187. 堤 康平, 鈴木 秀明, 大崎 博之, "逆方向伝搬を利用した分散型フロー制御方式の提案," 電子情報通信学会技術研究報告 (CQ2014-80), pp. 53-58, Nov. 2014.

  188. 作元 雄輔, 大崎 博之, "スケールフリー構造が TCP エンド間性能に与える影響: スループット・パケット棄却率・ラウンドトリップ時間の 解析," 電子情報通信学会技術研究報告 (CQ2014-81), pp. 59-64, Nov. 2014.

  189. 大崎 博之, "[チュートリアル講演]ネットワーク性能評価," 電子情報通信学会技術研究報告 (CQ2014-98), pp. 71-76, Jan. 2015.

  190. 松谷 健祐, 小倉 一峰, 山崎 康広, 大崎 博之, "カットスルーリンクがエピデミックブロードキャストの性能に与え る影響の解析," 電子情報通信学会 技術研究報告 (CQ2014-120), pp. 49-54, Mar. 2015.

  191. 松谷 健祐, 小倉 一峰, 山崎 康広, 大崎 博之, "エピデミックブロードキャストにおけるカットスルーリンク導入の 効果の解析," 電子情報通信学会 総合大会 講演論文集 (DS-2-5), pp. S-39-S-40, Mar. 2015.

  192. 橋本 佑太, 大崎 博之, "DTN におけるエピデミックブロードキャストの情報拡散特性推定 手法," 電子情報通信学会 総合大会 講演論文集 (DS-2-6), pp. S41-S42, Mar. 2015.

  193. 和田 純平, 横井 伸浩, 森部 博貴, 大崎 博之, "スマートグリッド通信インフラとしての IP および CCN の特性比較," 電子情報通信学会技術研究報告 (IA2014-98), pp. 85-90, Mar. 2014.

  194. 野呂 良瑛, 中村 遼, 大崎 博之, "任意のネットワークトポロジにおける CCN の性能解析," 電子情報通信学会技術研究報告 (IA2014-99), pp. 91-96, Mar. 2015.

  195. 森 久幸, 津川 翔, 大崎 博之, "ソーシャルメディアにおける投稿の感情がその拡散力に与える影響 の分析," 電子情報通信学会 通信行動工学研究会 第8回研究会予稿集, pp. 22-29, Mar. 2015.


  196. 山崎 康広, 小倉 一峰, 萩原 涼, 大崎 博之, "配信目的地の場所情報を用いた避難所間の情報配信方式," 電子情報通信学会技術研究報告 (CQ2015-20), pp. 1-6, July 2015.

  197. 萩原 涼, 小倉 一峰, 山崎 康広, 大崎 博之, "フローティングコンテンツ配信制御の提案および安定性解析," 電子情報通信学会技術研究報告 (CQ2015-21), pp. 7-12, July 2015.

  198. 中村 遼, 大崎 博之, "仮想ネットワークを用いた大規模 CCN ネットワークのスケーラ ビリティ分析," 電子情報通信学会技術研究報告 (IA2015-24), pp. 29-34, Aug. 2015.

  199. 藪 有妃子, 堤 康平, 大崎 博之, "逆方向伝搬を利用した分散型フロー制御方式の一提案," 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集(B-16-3), p. 328, Sept. 2015.

  200. 揚村 昭太, 横井 伸浩, 森部 博貴, 大崎 博之, "ネットワークの不確実さが無線センサネットワークの性能に与える 影響に関する一検討," 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集(B-16-1), p. 326, Sept. 2015.

  201. 片山 桂, 横井 伸浩, 森部 博貴, 大崎 博之, "リンクの不確実さが無線センサネットワークの性能に与え る影響の解析," 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集 (B-11-17), p. 251, Sept. 2015.

  202. 谷本 晃樹, 中村 遼, 大崎 博之, "CCN における最短経路ルーティングの最適性に関する一検討," 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集(B-16-5), p. 330, Sept. 2015.

  203. 薮内 剛志, 中村 遼, 大崎 博之, "Interest ACK を利用した CCN のためのトランスポートプロト コルの提案," 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集(B-16-6), p. 331, Sept. 2015.

  204. 栗山 祐貴, 大崎 博之, "エピデミックブロードキャストにおけるカットスルーリンク基地局 配置方法に関する一検討," 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集B-16-2, p. 327, Sept. 2015.

  205. M. Seki, K. Ogura, Y. Yamasaki, and H. Ohsaki, "A performance comparison of geographic DTN routing algorithms," Proceedings of the IEICE (Institute of Electronics, Information and Communication Engineers) General Conference (BS-6-37), pp. S-86-S-87, Sept. 2015.

  206. 川端 奈津子, 小倉 一峰, 山崎 康広, 大崎 博之, "拠点間 DTN ルーティングにおけるブロードキャストACK の有 効性に関する一検討," 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集(B-11-9), p. 243, Sept. 2015.

  207. 松井 大樹, 小倉 一峰, 山崎 康広, 大崎 博之, "拠点間 DTN ルーティングにおけるメッセージ配送遅延の解析," 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集(B-11-8), Sept. 2015.

  208. 植野 皓夫, 三原 正大, 津川 翔, 大崎 博之, "影響伝搬確率のゆらぎが影響最大化アルゴリズムに与える 影響に関する一考察," 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集 (B-16-4), p. 329, Sept. 2015.

  209. 堤 康平, 鈴木 秀明, 大崎 博之, "逆方向伝搬を利用した分散型フロー制御方式," 電子情報通信学会技術研究報告 (IA2015-89), pp. 23-28, Mar. 2016.

  210. 橋本 佑太, 大崎 博之, "エピデミックブロードキャストにおけるメッセージ拡散ダイナミク ス推定法," 電子情報通信学会 技術研究報告 (SITE2015-70, IA2015-102), pp. 185-190, Mar. 2016.

  211. 植野 皓夫, 三原 正大, 津川 翔, 大崎 博之, "影響伝搬確率の誤差に対する影響最大化アルゴリズムのロ バスト性に関する一考察," 電子情報通信学会技術研究報告 (CQ2015-126), pp. 107-112, Mar. 2016.

  212. 栗山 祐貴, 大崎 博之, "エピデミックブロードキャストにおけるカットスルーリンク基地局 配置に関する検討," 電子情報通信学会 技術研究報告 (CQ2015-111), pp. 19-24, Mar. 2015.

  213. 橋本 佑太, 大崎 博之, "エピデミックブロードキャストにおける情報拡散特性推定手法 DIFER の応用に関する一検討," 電子情報通信学会 総合大会 講演論文 (B-11-21), p. 401, Mar. 2016.

  214. 萩原 涼, 山崎 康広, 大崎 博之, "フローティングコンテンツ配信制御方式 PFCS の性能評価," 電子情報通信学会 総合大会 講演論文集 (B-11-22), Mar. 2016.

  215. 三原 正大, 津川 翔, 大崎 博之, "未知のグラフに対する影響最大化アルゴリズムにおけるランダムジャ ンプの効果に関する一検討," 電子情報通信学会 総合大会 講演論文集 (B-11-24), p. 404, Mar. 2016.

  216. 藪 有妃子, 大崎 博之, "逆方向伝搬を利用した分散型フロー制御方式 DFC-BP+のパラメー タ感度に関する一検討," 電子情報通信学会 総合大会 講演論文集 (BS-6-5), pp. S124-S125, Mar. 2016.

  217. 中村 遼, 大崎 博之, "大規模 CCN ネットワークのスケーラビリティに関する一検討," 電子情報通信学会 総合大会 講演論文集 (BS-6-6), Mar. 2016.

  218. 川端 奈津子, 大崎 博之, "拠点間 DTN ルーティングにおけるブロードキャストACK 散在 化に関する一検討," 電子情報通信学会 総合大会 講演論文集(BS-6-7), pp. S-127, Mar. 2016.


  219. 三原 正大, 津川 翔, 大崎 博之, "未知のグラフに対する影響最大化アルゴリズムにおけるランダムジャ ンプの効果," 電子情報通信学会技術研究報告 (CQ2016-3), pp. 13-18, Apr. 2016.

  220. 片山 桂, 揚村 昭太, 森部 博貴, 大崎 博之, "リンクの不確実さを考慮した 802.15.4 無線センサネット ワークの性能解析," 電子情報通信学会技術研究報告 (CQ2016-46), pp. 79-84, July 2016.

  221. 川端 奈津子, 萩原 涼, 山崎 康広, 大崎 博之, "ブロードキャスト ACK を用いたエピデミックルーティングの解 析手法に関する一検討," 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集(B-16-5), p. 356, Sept. 2016.

  222. 福本 淳一, 三原 正大, 津川 翔, 大崎 博之, "ネットワークにおけるウィルス拡散とカスケード故障の相 互作用に関する一考察," 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集 (B-11-15), p. 270, Sept. 2016.

  223. 松井 大樹, 萩原 涼, 大崎 博之, "拠点間 DTN ルーティングにおけるメッセージ配送遅延に関する 一検討," 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集(B-16-4), p. 355, Sept. 2016.

  224. 八木 優, 中村 遼, 大崎 博之, "トランスポート層プロトコルを考慮したコンテンツセントリックネッ トワークのモデル化に関する一検討," 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集(B-16-8), p. 359, Sept. 2016.

  225. 和田 慎平, 中村 遼, 大崎 博之, "ネットワークのスケールフリー性がコンテンツセントリックネット ワークの配送遅延に与える影響に関する一考察," 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集(B-16-7), p. 358, Sept. 2016.

  226. 榮川 直貴, 揚村 昭太, 大崎 博之, "分散型フロー制御方式 DFC-BP+ における複数フロー競合時の特 性に関する一考察," 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集(B-16-16), p. 357, Sept. 2016.

  227. 揚村 昭太, 片山 桂, 大崎 博之, "無線センサネットワークの不均一性がメッセージ配送遅延に与える 影響に関する一考察," 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集(B-16-12), p. 363, Sept. 2016.

  228. 薮内 剛志, 中村 遼, 大崎 博之, "CCN におけるパケット損失検出機構 Interest ACK の提案と評 価," 電子情報通信学会技術研究報告 (IA2016-61), pp. 29-34, Nov. 2016.

  229. R. Nakamura and H. Ohsaki, "Performance comparison of shortest-path routing and detour routing for content-centric networking," Technical Report of IEICE (IA2016-28), pp. 13-18, Nov. 2016.

  230. D. Matsui, R. Hagihara, Y. Yamasaki, and H. Ohsaki, "Deriving the average message delivery delay in geographic DTN routing," Technical Report of IEICE (IA2016-31), pp. 27-32, Nov. 2016.

  231. N. Kawabata, R. Hagihara, Y. Yamasaki, and H. Ohsaki, "Modeling epidemic DTN routing of multiple messages with broadcasting ACKs," Technical Report of IEICE (IA2016-32), pp. 33-36, Nov. 2016.

  232. 揚村 昭太, 片山 桂, 大崎 博之, "無線センサネットワークの不均一性がメッセージ配送遅延に与える 影響," 第 40 回インターネット技術第 163 委員会研究会 (ITRC meet40), Nov. 2016.

  233. 片山 桂, 揚村 昭太, 森部 博貴, 大崎 博之, "リンクの不確実さを考慮した 802.15.4 無線センサネット ワークの性能解析," Nov. 2016.

  234. S. Mihara, S. Tsugawa, and H. Ohsaki, "A study on the effectiveness of random jumps in an influence maximization algorithm for unknown graphs," 第 3 回コミュニケーションクオリティ (CQ) 基礎講座ワークショッ プ, Jan. 2017.

  235. 福本 淳一, 三原 正大, 津川 翔, 大崎 博之, "ネットワークにおけるウィルス拡散とカスケード故障の相 互作用," Jan. 2017.

  236. 榮川 直貴, 片山 桂, 揚村 昭太, 大崎 博之, "分散型フロー制御方式 DFC-BP+ の特性分析," 電子情報通信学会技術研究報告 (IA2016-93), pp. 19-24, Mar. 2017.

  237. 八木 優, 薮内 剛志, 中村 遼, 大崎 博之, "コンテンツセントリックネットワークにおけるトランスポート層プ ロトコルの流体近似モデル," 電子情報通信学会技術研究報告 (IA2016-104), pp. 79-84, Mar. 2017.

  238. 和田 慎平, 中村 遼, 大崎 博之, "ネットワークのスケールフリー性がコンテンツセントリックネット ワークの性能に与える影響," 電子情報通信学会技術研究報告 (IA2016-103), pp. 85-89, Mar. 2017.

  239. 萩原 涼, 山崎 康広, 大崎 博之, "位置情報を利用する DTN ルーティングの平均メッセージ配送遅 延に関する一検討," 電子情報通信学会 総合大会 講演論文集(BS-5-8), Mar. 2017.

  240. 揚村 昭太, 片山 桂, 大崎 博之, "大規模無線センサネットワークにおける無線通信可能範囲調整法の 一提案," 電子情報通信学会 総合大会 講演論文集 (BS-5-7), pp. S-122, Mar. 2017.

  241. K. Katayama, S. Agemura, H. Moribe, and H. Ohsaki, "Performance analysis of large-scale 802.15.4 wireless sensor network considering link uncertainty," pp. S-64-S-65, Mar. 2017.

  242. T. Yabuuchi, R. Nakamura, and H. Ohsaki, "A fast packet loss detection mechanism for content-centric networking," in Proceedings of the IEICE (Institute of Electronics, Information and Communication Engineers) General Conference (BS-1-2), pp. S-3-S-4, Mar. 2017.

  243. D. Matsui, R. Hagihara, Y. Yamasaki, and H. Ohsaki, "Deriving the average message delivery delay in geographic DTN routing under random walk mobility model," 電子情報通信学会 総合大会 講演論文集 (BS-1-29), pp. 56-57, Mar. 2017.

  244. N. Kawabata, R. Hagihara, Y. Yamasaki, and H. Ohsaki, "Analysis of multiple concurrent message routings with epidemic routing and broadcasting ACKs," Proceedings of the IEICE (Institute of Electronics, Information and Communication Engineers) General Conference (BS-1-20), pp. S-38-S-39, Mar. 2017.

  245. 榮川 直貴, 片山 桂, 揚村 昭太, 大崎 博之, "分散型フロー制御方式 DFC-BP+ の定常特性に関する一検討," 電子情報通信学会 総合大会 講演論文集 (BS-5-6), Mar. 2017.

  246. 中村 遼, 大崎 博之, "確率的キャッシングアルゴリズムの近似的解析に関する一検討," 電子情報通信学会 総合大会 講演論文集 (BS-5-9), pp. S-124, Mar. 2017.

  247. 和田 慎平, 中村 遼, 大崎 博之, "ネットワークのスケールフリー性が CCN のスループットに与え る影響に関する一考察," 電子情報通信学会 総合大会 講演論文集 (BS-5-13), Mar. 2017.

  248. 八木 優, 薮内 剛志, 中村 遼, 大崎 博之, "コンテンツセントリックネットワークにおけるトランスポート層プ ロトコルの流体近似モデルの妥当性について," 電子情報通信学会 総合大会 講演論文集(BS-5-11), Mar. 2017.


  249. 津川 翔, 大崎 博之, "影響伝搬確率の誤差に対する影響最大化アルゴリズムのロバスト性 評価," 電子情報通信学会技術研究報告 (CQ2017-11), pp. 53-58, Apr. 2017.

  250. 作元 雄輔, 大崎 博之, "すれ違い通信における情報散布・収集特性を理解するため の移動端末ユーザの初回接触時間に対する検討," 電子情報通信学会技術研究報告 (IA2017-9), pp. 47-52, June 2017.

  251. 松尾 涼太郎, 中村 遼, 大崎 博之, "スパースモデリングによる最小リンクフロー問題の一解法," 電子情報通信学会技術研究報告 (IA2017-10), pp. 53-58, June 2017.

  252. 中村 遼, 大崎 博之, "大規模 CCN ネットワークにおける平均コンテンツ配送遅延の近 似解析," 電子情報通信学会技術研究報告 (IA2017-14), pp. 13-18, Aug. 2017.

  253. 中村 遼, 大崎 博之, "[招待講演] 大規模コンテンツセントリックネットワークにおける 平均コンテンツ配送遅延の近似解析," Aug. 2017.

  254. 松井 大樹, 西川 純由, 山崎 康広, 大崎 博之, "大規模ネットワークにおける複製型拠点間 DTN ルーティングの 特性解析に関する一検討," 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集(B-16-6), Sept. 2017.

  255. 川端 奈津子, 山崎 康広, 大崎 博之, "DTN における抑制的エピデミックルーティングの特性解析に関す る一検討," 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集(BS-3-3), pp. S-261, Sept. 2017.

  256. 新見 尚樹, 中村 遼, 大崎 博之, "大規模 IEEE 802.15.4 無線センサネットワークにおけるフレー ム集約のモデル化に関する一検討," 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集(B-16-5), Sept. 2017.

  257. 松尾 涼太郎, 中村 遼, 大崎 博之, "スパースモデリングによる最小リンクフロー問題の解法に関する一 検討," 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集 (BS-3-4), pp. S-5, Sept. 2017.

  258. 西川純由, 松井大樹, 山崎 康広, 大崎 博之, "大規模ネットワークにおける拠点間 DTN ルーティングのメッセー ジ配送遅延に関する一検討," 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集(BS-3-2), pp. S-5, Sept. 2017.

  259. 安田 裕一, 藪内 剛志, 中村 遼, 大崎 博之, "CCN における確率的 Interest パケット集約手法の一提案," 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集(BS-4-7), Sept. 2017.

  260. 佐藤 裕真, 川端奈津子, 山崎 康広, 大崎 博之, "DTN における抑制的エピデミックルーティングの有効性に関する 一検討," 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集(B-16-7), Sept. 2017.

  261. 川上 真弘, 中村 遼, 山崎康広, 大崎博之, "仮想ネットワークによる車内イーサネット環境のエミュレーション 手法に関する一検討," 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集(B-16-4), Sept. 2017.

  262. 安田 裕一, 薮内 剛志, 中村 遼, 大崎 博之, "CCN における確率的 Interest パケット集約手法の提案と評価," 電子情報通信学会技術研究報告 (IA2017-19), pp. 1-6, Oct. 2017.

  263. N. Niimi, R. Nakamura, and H. Ohsaki, "Modeling frame aggregation in large-scale ieee 802.15.4 wireless sensor networks," Technical Report of IEICE (IA2017-33), pp. 19-22, Nov. 2017.

  264. S. Nishikawa, D. Matsui, Y. Yamasaki, and H. Ohsaki, "Approximate analysis of message delivery delay in large-scale geographic DTN routing," Technical Report of IEICE (IA2017-11), pp. 105-108, Nov. 2017.

  265. R. Matsuo, R. Nakamura, and H. Ohsaki, "A solution of minimum link flow problem with sparse modeling -- formulation and preliminary results --," Technical Report of IEICE (IA2017-34), pp. 23-26, Nov. 2017.

  266. 津川 翔, 大崎 博之, "影響伝搬確率の誤差に対する影響最大化アルゴリズムのロバスト性 評価," 電子情報通信学会技術研究報告 (CQ2017-11), pp. 53-58, Aug. 2017.

  267. 川上 真弘, 中村 遼, 山崎康広, 大崎博之, "仮想ネットワークによる車載 IP ネットワークのエミュレー ション手法," 電子情報通信学会技術研究報告 (IA2017-60), pp. 43-48, Dec. 2017.

  268. 川端 奈津子, 山崎 康広, 大崎 博之, "DTN における位置ベースルーティングの有効性," 電子情報通信学会技術研究報告 (IA2017-59), pp. 37-42, Dec. 2017.

  269. T. Yabuuchi, R. Nakamura, and H. Ohsaki, "Fluid-based modeling of transport protocol in large-scale content-centric networking," Technical Report of IEICE (IN2017-131), pp. 249-254, Mar. 2018.

  270. 中村 遼, 大崎 博之, "CCN におけるパケット損失検出機構 interest ACK の評価と応 用," 電子情報通信学会技術研究報告 (IA2018-79), pp. 121-126, Mar. 2018.

  271. 佐藤 裕真, 川端 奈津子, 山崎 康広, 大崎 博之, "DTN における抑制的エピデミックルーティングの提案," 電子情報通信学会技術研究報告 (IA2017-80), pp. 127-132, Mar. 2018.

  272. N. Kawabata, Yamasaki, and H. Ohsaki, "On the effectiveness of position-based routing in delay/disruption-tolerant networking," in Proceedings of the IEICE (Institute of Electronics, Information and Communication Engineers) General Conference (BS-2-16), pp. S-30-S-31, Mar. 2018.

  273. 松尾 涼太郎, 中村 遼, 大崎 博之, "スパースモデリングによる制約付き最小リンクフロー問題の解法に 関する一検討," 電子情報通信学会 総合大会 講演論文集 (BS-6-6), pp. S-120-S-121, Mar. 2018.

  274. R. Nakamura and H. Ohsaki, "Approximate analysis of average content delivery delay in large-scale CCN networks," Proceedings of the IEICE (Institute of Electronics, Information and Communication Engineers) General Conference (BS-2-15), pp. S-28-S-29, Mar. 2018.

  275. 佐藤 裕真, 川端 奈津子, 山崎 康広, 大崎 博之, "DTN における抑制的エピデミックルーティングの制御パラメータ 感度に関する一考察," 電子情報通信学会 総合大会 講演論文集 (BS-6-7), pp. XXX-XXX, Mar. 2018.

  276. 山崎 康広, 大崎 博之, "車載 TCP 向け実効データ高速再送方式," 電子情報通信学会 総合大会 講演論文集 (B-16-3), pp. XXX-XXX, Mar. 2018.

  277. 安田 裕一, 薮内 剛志, 中村 遼, 大崎 博之, "CCN における確率的 Interest パケット集約手法に関する一検 討," 電子情報通信学会 総合大会 講演論文集 (BS-6-5), pp. S-118-S-119, Mar. 2018.


  278. R. Matsuo, R. Nakamura, and H. Ohsaki, "Proposal of sparse-modeling based approach for betweenness centrality estimation," Technical Report of IEICE (IA2018-10), pp. 61-66, June 2018.

  279. N. Kawabata, Y. Yamasaki, and H. Ohsaki, "A study on restrained epidemic routing for delay/disruption-tolerant networking," pp. S-57-S-58, Sept. 2018.

  280. 川端 奈津子, 山崎 康広, 大崎 博之, "複雑ネットワークにおける抑制的エピデミックルーティングのモデ ル化に関する一検討," 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集 (B-16-14), p. 281, Sept. 2018.

  281. K. Yamashita, Y. Yasuda, R. Nakamura, and H. Ohsaki, "A study on robustness of complex networks against non-adversely node removals," Proceedings of the IEICE (Institute of Electronics, Information and Communication Engineers) Society Conference 2018 (BS-7-3), pp. S-31-S-32, Sept. 2018.

  282. C. Minamiguchi, N. Kawabata, R. Nakamura, Y. Yamasaki, and H. Ohsaki, "A study on comparative analysis of end-to-end routing and opportunistic routing," Proceedings of the IEICE (Institute of Electronics, Information and Communication Engineers) Society Conference 2018 (BS-7-19), pp. 60-61, Sept. 2018.

  283. 村上 龍, 松尾 涼太郎, 中村 遼, 大崎 博之, "ネットワークトポロジに対する K-SVD 法による辞書構築の有効 性に関する一検討," 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集 (B-16-13), Sept. 2018.

  284. 阪口 亮太, 松井 大樹, 中村 遼, 山崎 康広, 大崎 博之, "グラフ上の移動モデルの違いが初回到着時間に与える影響に関する 一検討," 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集 (B-16-12), Sept. 2018.

  285. R. Maegawa, R. Nakamura, Y. Yamasaki, and H. Ohsaki, "A study on automotive ip network emulation with network virtualization," Proceedings of the IEICE (Institute of Electronics, Information and Communication Engineers) Society Conference 2018 (BS-7-21), pp. S-64-S-65, Sept. 2018.

  286. 前川 龍一郎, 松井 大樹, 山崎 康広, 大崎 博之, "Pi 制御器を用いた IEEE 1588-2008 時刻同期プロトコルの安定 性に関する一検討," 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集 (B-16-15), Sept. 2018.

  287. Y. Yasuda, R. Nakamura, and H. Ohsaki, "A study on the performance of delayed packet forwarding in content-centric networking," pp. 68-69, Sept. 2018.

  288. R. Matsuo, R. Nakamura, and H. Ohsaki, "A proposal of sparse-modeling based approach for betweenness centrality estimation," pp. S-28-S-29, Sept. 2018.

  289. 松井 大樹, 大崎 博之, "グラフ上の制約付きランダムウェイポイント移動モデルの特性に関 する一検討," 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集(B-16-10, Sept. 2018.

  290. N. Kawabata, Y. Yamasaki, and H. Ohsaki, "Modeling restrained epidemic routing on complex networks," Technical Report of IEICE (IA2018-25), pp. 56-62, Sept. 2018.

  291. C. Minamiguchi, N. Kawabata, R. Nakamura, Y. Yamasaki, and H. Ohsaki, "Comparative analysis of end-to-end routing and opportunistic routing," Technical Report of IEICE (IA2018-26), pp. 63-68, Sept. 2018.

  292. K. Yamashita, Y. Yasuda, R. Nakamura, and H. Ohsaki, "Robustness of complex networks against random node removals," Technical Report of IEICE (IA2018-19), pp. 23-28, Sept. 2018.

  293. Y. Yasuda, R. Nakamura, and H. Ohsaki, "Characteristic analysis of delayed packet forwarding in content-centric networking," Technical Report of IEICE (IA2018-32), pp. 1-4, Oct. 2018.

  294. 前川 龍一郎, 松井 大樹, 山崎 康広, 大崎 博之, "Pi 制御器を用いた IEEE 1588-2008 時刻同期機構のモデル化," 電子情報通信学会技術研究報告 (IA2018-58), pp. 25-30, Jan. 2019.

  295. 村上 龍, 松尾 涼太郎, 中村 遼, 大崎 博之, "K-SVD 法を用いたネットワークトポロジのスパース表現化に関す る検討," 電子情報通信学会技術研究報告 (IA2018-79), pp. 351-356, Mar. 2019.

  296. 川端 奈津子, 山崎 康広, 大崎 博之, "複雑ネットワークにおける抑制的エピデミックルーティングのメッ セージ配送遅延に関する一検討," 電子情報通信学会 総合大会 講演論文集(B-11), p. XXX, Mar. 2019.

  297. 前川 龍一郎, 松井 大樹, 山崎 康広, 大崎 博之, "Pi 制御器を用いた IEEE 1588-2008 時刻同期プロトコルの安定 性解析に関する一検討," 電子情報通信学会 総合大会 講演論文集2 (B-11-16), Mar. 2019.

  298. R. Matsuo, R. Nakamura, and H. Ohsaki, "A study on effective solution for minimum link flow problem," pp. S-164-S-165, Mar. 2019.

  299. 南口 宙太, 川端 奈津子, 中村 遼, 大崎 博之, "情報指向遅延耐性ネットワークにおける平均コンテンツ配送遅延に 関する一検討," 電子情報通信学会 総合大会 講演論文集 (BS-7-10), pp. S-160-S-161, Mar. 2019.

  300. 阪口 亮太, 松井 大樹, 中村 遼, 山崎 康広, 大崎 博之, "グラフ上のランダムウォークにおける遷移確率の偏りが移動特性に 与える影響に関する一考察," 電子情報通信学会 総合大会 講演論文集 (BS-7-9), pp. S-159, Mar. 2019.

  301. 山下 量之, 安田 裕一, 中村 遼, 大崎 博之, "ランダムなノード除去に対して堅牢性を有するネットワークトポロ ジに関する一考察," 電子情報通信学会 総合大会 講演論文集 (BS-7-8), pp. S-158, Mar. 2019.

  302. Y. Yasuda, R. Nakamura, and H. Ohsaki, "A study on the effectiveness of delayed packet forwarding in content-centric networking," pp. S-23-S-24, Mar. 2019.


  303. 中村 遼, 阪口 亮太, 山下 量之, 松井 大樹, 大崎 博之, "ネットワークトポロジが情報探索・配送・拡散に与える影響," 電子情報通信学会技術研究報告 (PN2019-4), vol. 119, pp. 17-24, Apr. 2019.

  304. 作元 雄輔, 大崎 博之, "グラフスペクトルに基づくランダムウォークの解析 -- グラ フの 次数ばらつきが初回接触時間に与える影響 --," 電子情報通信学会技術研究報告 (IA2019-18), pp. 39-44, Sept. 2019.

  305. R. Sakaguchi, D. Matsui, R. Nakamura, and H. Ohsaki, "Characteristic analysis of constrained random waypoint mobility model on graph," Technical Report of IEICE (IA2019-16), pp. 27-32, Sept. 2019.

  306. K. Yamashita, Y. Yasuda, R. Nakamura, and H. Ohsaki, "A study on the predictability of network robustness from spectral measures," Technical Report of IEICE (IA2019-15), pp. 21-26, Sept. 2019.

  307. T. Mayaguchi, R. Sakaguchi, and H. Ohsaki, "A study on modeling branching random walk on random regular graph," Technical Report of IEICE (IA2019-10), pp. 33-37, Sept. 2019.

  308. T. Suzuki, Y. Yasuda, R. Nakamura, and H. Ohsaki, "A study on estimating communication delays using graph convolutional networks with semi-supervised learning," Technical Report of IEICE (IA2019-10), pp. 1-6, Sept. 2019.

  309. 作元 雄輔, 大崎 博之, "グラフの次数ばらつきが 2 つのランダムウォークの初回接触時間 に与える影響," 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集 (B-11-9), p. 165, Sept. 2019.

  310. R. Nakamura, T. Yabuuchi, and H. Ohsaki, "A study on a fast packet loss detection mechanism for content-centric networking," Proceedings of the IEICE (Institute of Electronics, Information and Communication Engineers) Society Conference (BS-4-21), pp. S-48-S-49, Sept. 2019.

  311. R. Matsuo, R. Nakamura, and H. Ohsaki, "A study on sparse representation of network topology with K-SVD algorithm," pp. S-64-S-65, Sept. 2019.

  312. 萩倉 丈, 中村 遼, 大崎 博之, "情報指向ネットワークにおける最適キャッシュ割当に関する一検討," 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集 (B-16-1), p. 293, Sept. 2019.

  313. 間屋口 琢朗, 阪口 亮太, 大崎 博之, "ランダム正則グラフにおける分岐型ランダムウォークのモデル化に 関する一検討," 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集 (B-16-3), p. 295, Sept. 2019.

  314. 大西 美知加, 南口 宙太, 大崎 博之, "断続的なリンクで接続された複雑ネットワークにおけるエンド-エ ンドルーティングの性能に関する一検討," 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集(B-16-2), p. 294, Sept. 2019.

  315. 鈴木 泰誠, 安田 裕一, 中村 遼, 大崎 博之, "グラフ畳み込みネットワークの半教師付き学習による通信遅延 推定に関する一検討," 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集 (B-16-4), p. 296, Sept. 2019.

  316. 脇坂 悠生, 山下 量之, 津川 翔, 大崎 博之, "グラフ上の影響伝搬におけるランダムサンプリングの効率性に関す る一検討," 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集 (B-11-12), p. 168, Sept. 2019.

  317. S. Yamamoto, R. Nakamura, and H. Ohsaki, "A study on dynamical modeling of transport protocol in information-centric networking," pp. S-50-S-51, Sept. 2019.

  318. R. Nakamura and H. Ohsaki, "[poster presentation] a study on scaling property of information-centric networking," Nov. 2019.

  319. J. Hagikura, R. Nakamura, and H. Ohsaki, "[poster presentation] a study on optimal cache provisioning in information-centric networking," Nov. 2019.

  320. F. Ohura, R. Maegawa, R. Nakamura, Y. Yamasaki, and H. Ohsaki, "[poster presentation] performance evaluation of automotive ip network using network emulator: Preliminary results," Technical Report of IEICE (IA2019-36), p. 61, Nov. 2019.

  321. M. Ohnishi, C. Minamiguchi, and H. Ohsaki, "[poster presentation] a study on end-to-end routing in complex networks with intermittent links," Technical Report of IEICE (IA2019-33), p. 55, Oct. 2019.

  322. 脇坂 悠生, 山下 量之, 津川 翔, 大崎 博之, "未知のグラフ上の影響伝搬におけるランダムサンプリングの効率性," 電子情報通信学会 通信行動工学研究会 第 17 回研究会予稿集, pp. XXX-XXX, Jan. 2020.

  323. 豊田 郁弥, 作元 雄輔, 大崎 博之, "ランダムウォークエージェントのランデブーを活用した効率的なブ ラインド探索の提案," 電子情報通信学会技術研究報告 (IA2019-74), pp. 99-104, Mar. 2020.

  324. K. Yamashita, Y. Yasuda, R. Nakamura, and H. Ohsaki, "A study on the predictability of network robustness against random node removal from spectral measures," pp. S-40-S-41, Mar. 2020.

  325. T. Suzuki, Y. Yasuda, R. Nakamura, and H. Ohsaki, "A study on inferring communication delays using graph convolutional networks with semi-supervised learning," in Proceedings of the IEICE (Institute of Electronics, Information and Communication Engineers) General Conference (BS-1-19), pp. S-34-S-35, Mar. 2020.

  326. 脇坂 悠生, 山下 量之, 津川 翔, 大崎 博之, "未知のグラフ上の影響伝搬におけるランダムサンプリングの効率性 に関する一検討," 電子情報通信学会 総合大会 講演論文集 (B-11-22), p. 271, Mar. 2020.


Hiroyuki Ohsaki (oosaki[atmark]lsnl.jp)
Last modified: Sat Jul 18 09:57:58 2020